2021.05.10

<ダンテ700> ダンテの痕跡をたどる ~フィレンツェ編 1/2

ダンテ没後700年となる2021年。
イタリア各地で残るダンテ関連スポットを、連載でご紹介いたします。

最初の舞台は芸術の街、フィレンツェです。
街を歩けばきっと感じるダンテの気配、地図をチェックしながらたどって欲しい行程です。
≪フィレンツェ市内:所要時間約5時間(4,4km)≫

View on Duomo from Piazzale Michelangelo

≪ダンテ・アリギエーリがフィレンツェで過ごした期間(略歴)≫
1265年:フィレンツェで生を受ける
1274年頃:ベアトリーチェに恋をする(9歳)
9年後、サンタ・トリニタ橋で再会し片思い(?)
1285年頃:ジェンマ・ドナーティと結婚
1302年3月10日:フィレンツェ追放

1. サンタ・マリア・ノヴェッラ大聖堂
スタート地点は、サンタ・マリア・ノヴェッラ大聖堂。


フィレンツェ中央駅から出てすぐのところにある大聖堂です。
1279年に建設は始まりました。まず訪れて目に入るのは、白と緑の大理石でできたファサード。
ダンテもこの教会に足を運んでいました。今はウッフィツィ美術館に所蔵されていますが、ダンテが訪れたときには、大聖堂に飾られていたジョットの「十字架」とドゥッチョの「ルチェライ・マドンナ」の2つの絵画を観る機会があったのです。
大聖堂付属博物館には、様々なフレスコ画が残されていますが、ダンテの肖像画も残っています。

2. サンタ・トリニタ聖堂
サンタ・マリア・ノヴェッラ大聖堂から、アルノ川方面に向かい、ストロッツィ宮殿を通り越した先にあるのがサンタ・トリニタ聖堂で、歩いておよそ5分の距離。
この聖堂で、ダンテは亡命を宣告されました。
当時のフィレンツェ市での重要な政治会議が開催された場所でもあるのです。
内部はゴシック様式、ファサードは11世紀のものが残っています。

3. サンティ・アポストリ教会
先程のサンタ・トリニタ教会のある広場からちょっと進んだところにあるのが、サンティ・アポストリ教会。
小さなその教会は、11世紀半ばに建てられたロマネスク様式で、オリジナルのファサードが残っています。丸井アーチと平らな木製の屋根は中世の典型的な建築様式です。忠実にダンテの時代の日常に近い雰囲気が、今もこの教会には残っています。
そして教会があるのは、リンボ広場に面した場所。
リンボというと、天国と地獄の間の煉獄でもあり、ダンテの「神曲」にも出てくるワードです。
リンボ広場は、洗礼される前にこの世を去った幼児の墓地として当時は使用され、来世の「未知の場所」に住んでいると考えられていました。

4.ヴェッキオ宮殿
サンティ・アポストリ地区を通って、アルノ川とは反対に進み、シニョリーア広場へ。
この広場に立てば、目に見えるのはヴェッキオ宮殿。

Square of Signoria in Florence at sunrise, Italy

ルネッサンスから今もなお、街の政治の中心としてその存在感は今も健在です。
ヴェッキオ宮殿の建設が始まったのは、1299年、そして最初の建設段階が終了したのは、1315年。
そのため、1302年にフィレンツェを追放されたダンテは、この建設のすべてを目にすることができませんでした。
しかし、この宮殿の建設が着手された意味、ダンテが生きたフィレンツェの政治を理解するには、とても大切な場所です。
ヴェッキオ宮殿内の博物館には、様々な歴史の芸術作品や遺跡が保存されていますが、訪れる人はその中に、ダンテのデスマスクも見ることができます。

5.オルサンミケーレ教会
シニョリーア宮殿を正面に、広場を左に曲がるとすぐのところに、オルサンミケーレ教会と博物館があります。
この建物の歴史は、宗教的なものだけでなく、市民生活にも大きくかかわっています。
9世紀、とても小さなサン・ミニアート・イン・オルト教会として建てられましたが、1280年代、穀物市場とされます。当時の名残りが市場としてのロッジャの柱の間におかれた聖マリア像などからも見ることができます。

【ダンテの痕跡をたどる ~フィレンツェ編 2/2 へ】

記事参考:トスカーナ州観光局

旅をさがす