クリスマス in イタリア

2019.12.19

クリスマス in イタリア

イタリアで存分に冬を楽しむ、そんな旅はいかがでしょうか。
注目イベント情報とその成り立ちを、ちょっとだけご紹介!

【クリスマスマーケット】

各国で開催されるクリスマスマーケット、イタリアの各地でもその開催は伝統的なイベントとなっています。
そもそもの歴史は隣国のドイツから、14世紀にはじまり、アルプス山脈を通って各地に広がりました。

♦伝統オリジナル雰囲気を味わいたいなら・・・
アルト・アディジェにあるスポットへ:ボルツァーノ、メラーノ、ブレッサノーネ、ブルニコ、ヴィピテーノ
列車で行くことのできる山間の街で楽しむクリスマスは格別。
色、香り、そしてその地の食事で見も心もあったまろう!
時期:11月終わりごろから1月6日頃まで

RTEmagicC_Enit_Alto-Adige_mercatino_Vipiteno_597_01.jpg[1]

♦ぐっと変わって、南イタリアへ
ナポリのクリスマスマーケットも有名です。
1700年末頃にその成り立ちはさかのぼり、中でも有名なのは職人が作ったプレゼピオ。
プレゼピオ通りである、サン・グレゴリオ・アルメーノ通りが特に有名で、1年を通して様々な表情のものが手に入ります。
*プレゼピオとは:キリスト生誕の場面を再現したもの。様々な登場人物がおり、好みに合わせた異なる服装、雰囲気の人形を毎年集めていくことが多い。
またクリスマスの期間は、“NATALEHANAPOLI”と言われるイベント(ダンス、音楽、劇、観光ツアーなど)で盛り上がります。
時期:11月初めごろから1月6日頃まで
RTEmagicC_Enit_Napoli_Mercati-presepi_597_01.jpg[1]

♦都会のクリスマスマーケットといえば・・・ミラノ。
サンタンブロージョの祭りとしての伝統的クリスマスマーケット“Oh Bej! Oh Bej”。
(通年12月初旬がメインとなり、12月後半に大聖堂でのコンサートも)
その起源は1288年までさかのぼり、スフォルツェスコ城周辺なども合わせたクリスマスマーケットで知られています。
RTEmagicC_Enit_Milano_Natale_597_01.jpg[1]

【じっくりとイタリア時間にひたる】

♦どっぷりとクリスマスでイタリアに染まりたいなら・・・
生きた人が演じるプレゼピオが楽しめる、マテーラへ。
今年は12月中の毎週末、洞窟住居でキリスト誕生の劇が楽しめます。*要予約
まさに当時のような雰囲気がそのまま残るマテーラは、きっと時を超えた体験ができるはず。
Matera, Basilicata, Italy: landscape of the old town

♦世界を魅了する、最大級のクリスマスツリー
自然豊かなウンブリアの街、グッビオで。
イギーノ山の斜面を全面に使ったクリスマスツリーは、高さ750m、横130m、700個以上のライトを使用したツリーは圧巻です。
また街中でもクリスマスマーケットが開催され、特に中世の趣を残したサン・マルティーノ地区では、伝統的なプレゼピオが手に入る他、クリスマスツリーを遠くから楽しめるミニチュア列車も運行されます。

RTEmagicC_Enit_Gubbio_albero-natale_597_01.jpg[1]

記事情報:本局サイトより

旅をさがす