絶景スキー in ドロミーティ – part.2

2020.01.15

絶景スキー in ドロミーティ – part.2

【トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード】

ドロミーティエリアでも最も知られたこの山塊、トレ・チーメ。
3つの山頂を持つ巨大な山塊の美しさを目の前に、ここではスキーを楽しむことができます。
ゲレンデは他のエリアと異なり、フリー・フォール・ライド(72度傾斜)のようなハードな傾斜でつながる先は周辺の5つの山々。
サン・カンディド、セスト、ドッビアコなどでところどころに配置された山小屋は、絶景を楽しむのにももってこい。

tre cime

またPar.1で紹介したプラン・デ・コロネスとも、プステルタル・エキスプレス(Pustertal Express)で接続されています。

公式サイトはここから(英語)
♥ゲレンデ総滑走距離:115km
♥リフト数:30基
♥スノーパーク:(2種類のレベルあり)
♥雪すべりエリアあり
♥クロスカントリー:200km
♥ナイトスキー

≪アクセス例≫

最寄りの列車駅はサン・カンディド。
そこからバスでセスト(Sesto)あるいはヴァル・ディ・ブライエス(Val di Braies)へ。
運行バス会社

ヴァル・ディ・フィエンメ/オベレッジェン

Val di Fiemme

ヴァル・ディ・フィエンメは、静かに自然に触れながら冬の休暇を楽しみたい人向け。
トレンティーノ地方東部の渓谷は、ノルディックスキー、ジャンプ、アスペンスキー、クロスカントリーの世界選手権のコースにも使用されています。
さらに子供から、7,5kmの上級者向けなど様々なコースが用意されています。
またオベレッジェン地区では、同じスキーパスでその他48㎞のエリアを楽しむことができます。

Obereggen
公式サイトはここから(英語)
♥ゲレンデ総滑走距離:100km
♥リフト数:45基
♥スノーパーク:2
♥子供向けエリア
♥雪すべりエリア
♥クロスカントリー:150km
♥ナイトスキー

≪アクセス例≫
バスにてトレント⇔カヴァレーゼ カヴァレーゼ⇔プレダッツォ
バス会社公式サイトはここから(英語)

【サン・マルティーノ・ディ・カストロッツァ / パッソ・ロッレ】

SanMartino_di_Castrozza

このエリアを特徴づけるもの。
それは、アルプス山脈を他のエリアとは異なる行程で楽しめるということ。
パレ・ディ・サン・マルティーノの絶景を眺めながらのスキー行程は、アドレナリン全開のフリーライド。
ナイトスキーでは、イルミネーションが点灯した中でのスキーを満喫することができます。
アルピニスト向けの行程、そして山小屋で味わう素朴なローカルフード。
パッソ・ロッレから1,980mで、隣接するドロミーティエリアの山々へと移動することもでき、すべてのアルプスの絶景を堪能することができます。

公式サイトはここから(英語)
♥ゲレンデ総滑走距離:75km
♥リフト数:26基
♥スノーパーク:3(4種類あり)
♥子供向けエリア
♥クロスカントリー:30km
♥ナイトスキー

≪アクセス≫
ヴェネツィアから直行バスあり、運行はBrusutti社
その他方法:列車駅フェルトレ(Feltre)からバスB501
補足:列車駅トレント(Trento)からも乗り継ぎにて可能。
運行はTrentinoバス

【リオ・プステリア/ブレッサノーネ】

リオ・プステリア/ブレッサノーネのエリアは、スキー愛好家を惹きつけて止まない場所でもあります。
それはまず、イザルコ渓谷(ヴァッレ・イザルコ)に位置していることから、様々なレベルのスキーヤーが楽しめるゲレンデがあるから。
場所によっては、標高2,500mのエリアを滑走することも可能。
また2か所のスノーパークも完備されています。
エリアの中心の街でもあるブレッサノーネの街も絵画のような美しさ。
公式サイトはここから(英語)
♥ゲレンデ総滑走距離:95km
♥リフト数:25基
♥スノーパーク:2
♥雪すべりエリア
♥クロスカントリー:40km
♥ナイトスキアクティビティ

【アルペ・ルイーザ /サン・ペッレグリーノ】

Alpe Lusia

日本では知る人ぞ知るアルペ・ルイーザは、ファッサ渓谷とフィエンメの間に位置するファミリー層に人気のエリア。
その理由は初心者からも楽しめる傾斜のゲレンデや、ドロミーティエリアでも一番美しいと言われれるスノーパークです。

そしてパッソ・サン・ペッレグリーノ(標高1,918m)はまさに冬のアクティビティを楽しむパラダイス。
森の中を駆け抜けるゲレンデコース、フリースタイルを楽しみたい人向けのスノーパークも完備。
公式サイトはここから(英語)
♥ゲレンデ総滑走距離:100km
♥リフト数:23基
♥スノーパーク:3
♥雪すべりエリア
♥クロスカントリー:30km

【チヴェッタ】

最後に紹介するのは、チヴェッタのスキーエリア。
チヴェッタの山塊は、ドロミーティエリアのアッレゲ、セルヴァ・ディ・カドーレ、ヴァル・ディ・ゾルドの間にあり、豊かな自然に満ちたスポットです。
初心者からチャレンジャーまで、様々なコースが楽しめます。
また元世界選手権で使用されていたダウンヒルも。
歴史好きな人であれば、世界大戦の痕跡を追うツアーへの参加も可能です。

公式サイトはここから(英語)
♥ゲレンデ総滑走距離:80km
♥リフト数:22基
♥スノーパーク:2
♥子供向けエリア
♥雪すべりエリア
♥クロスカントリー:17km
♥ナイトスキー

掲載情報はこちらから(イタリア政府観光局本局サイトより)

注)アクセスに関しましては参考となります。
最終確認は現地にてとなりますこと、ご了承いただければ幸いです。

旅をさがす